2015年06月15日

ボールが好き

こはるが我が家にやってきて330日目。

先日、私が日帰り東京中の出来事。

パパとこはるが公園で遊んでいると、子どもがやってきてこはるにボールを投げてきたそうです。

こはるは喜んで、ボールに飛びつこうとする

パパはこはるがボールに届かないようにリードが伸びないようにする

でも、子どものお母さんも一緒に遊び出した

子どもは喜んでこはるにボールを投げる

そしたら何と!!こはるがボールに噛み付いたと同時にプシュ〜って音が
IMG_6844.jpg
形が明らかにおかしい

子どもはちょっと怒ったみたいだけど、お母さんはいいですよ〜って

良かったらあげますよ〜とのことで、処理に困るかもしれないとパパは思い、いただいたそうです。

もちろん、ちゃんと謝って

人様の物を壊しちゃったね。。。

全く反省していないこはる。その後もボールで遊び続けたそうです。
IMG_6843.jpg
気をつけなきゃね。勉強になりました。

このボール、その後もこはるのお気に入りとなり、翌日のドッグランでも遊んでました。
P6140024.jpg

生後431日目 5900g

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by こはるのママ at 20:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボールが飛んできたら噛むよね〜(^ ^)
こはるちゃんボール遊び上手だもんね!
フクは他のワンコのボールを壊したことあります(ー ー;)
姉妹で噛む力が強いのかしら(≧∇≦)優しく噛んでくれれば良いのにね!
こはるちゃんは楽しかったみたいだけど、パパさんはヒヤヒヤだったかな?!

↓しっぽすごいね!興奮して走るとのびるけど、立つんですね(^ ^)
私も写真撮ってみよう!
フクはしっぽをあまり振らないので、マッサージしてみよう(≧∇≦)
歯ブラシで歯磨き、やった事ないけどきっと同じ結果になるなー。と笑ってしまいました(≧∇≦)
Posted by ずぅ at 2015年06月15日 21:35
お早うございます(^^)v
ワンコはボール大好きですよね〜。
公園で遊んでいたら動きません(^_^;)
サッカーボール、野球のボール、、何でもござれって感じです(^^)v

パパさんの困った顔とこはるチャンの得意気な顔〜パパさん、お疲れ様です(^^♪
Posted by チェストツリー at 2015年06月16日 05:29
優しいお母さんでよかったですね〜(o^^o)
ゴムボールはすぐ穴あいちゃいますよね。でも穴があいたおかげでこはるちゃんの小さな口でも持ち運びできるようになりましたね(笑)
熱湯につけたらまた膨らんだりして。穴あいてるからダメかな…

綺麗な公園で、近くには羊さんもいて本当にいい所ですね♪
Posted by イッコーの嫁 at 2015年06月16日 08:39
ずぅさん

こはるは、さぞ楽しかったことと思います!一方、パパは、人の物を壊したのが初めてだったのでヒヤヒヤだったでしょう。噛む力が強い姉妹ですねぇ。。。一つの物を同時に噛ませたらどちらが勝つでしょうか??
フクちゃんも興奮して走るとシッポ、のびるんですね!!フクちゃんの、あのくるんくるんのシッポがのびたら、とっても長いでしょう〜マッサージしたら、くるんくるんで振るかもです!!せっかくチャーミングな柴のシッポ、おおいに活用して可愛さアピールしたいですね☆
Posted by こはるのママ at 2015年06月16日 20:20
チェストツリーさん

こんばんは。
ボール大好きですよね〜。ピンクくんもマヤちゃんもでしょうか。
たしかにどんなボールでも、大きさも問わずに遊びます。今回のように人間用の柔らかいボールだと噛んじゃって壊れちゃいますけどね。。。
パパの困った顔、私も見ませんでしたが想像できます。こはる、やりましたね。
Posted by こはるのママ at 2015年06月16日 21:03
イッコーの嫁さん

モンスターペアレンツのいるこの世の中、優しいお母さんでよかったです。
1回噛んだらすぐにプスーっといったようで。暖かい日は大きく膨らみますが、穴は5ミリくらいあるので、すぐに潰れちゃいます。でも、穴が大きいので、口で吹きかければすぐに膨らみます。遊びやすいように、こはるが意図的に細工したようです。
羊さんの他にもアルパカさんやポニーさんなど、動物がたくさんいるのですが、こはるが行ける場所からは羊さんしか見えません〜
Posted by こはるのママ at 2015年06月16日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック