2015年05月31日

新たな戦い

こはるが我が家にやってきて315日目。

昨日の興奮冷めやらぬこはる。

帰ってからはずっと寝てました。

何をやっても起きない。
IMG_6031.jpg
前足を細工しても起きない。
IMG_6044.jpg
でも最近、心配な事が。

夜泣きです。

ちょっと前までは全然鳴かなかったのですが、ここ1週間くらい鳴くんです。

こはるをリビングのハウスに閉じ込め、私たちが寝室に行くと覚醒するようで、

私たちがリビングにいる時は熟睡していたはずなのに、寝室に行くと「ギャン!!」

かといって、試しにハウスごと私たちの寝室に入れても「ギャン!!」

ハウスから出すと静かになる。

はは〜ん。寂しいわけでなく、フリーになりたいのね。

理由は何となくわかったけど、でも解決策がわからない。。。

フリーにするしかないかなぁ。。。

一軒家なら無視を徹底するんだけど、マンションだからなぁ

こはるとの新たな戦いは始まっています。

生後416日目 5600g

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by こはるのママ at 20:01 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます
あらら〜こはるチャン、賢い仔(^−^)
ちゃんと見抜いてますね〜。
一緒が良いんですね〜。
どうしますか?それによって・・絶対負けてはいけませんョ♪

ご近所さんの手前、分かりますが、、、2〜3日の事なので初めて飼った時も夜泣きする事が多いでしょそんな思いで頑張りましょう(^v^)
結構、飼い主の心掴んでいるからすぐわかってくれるかもしれません。
ファイト!
Posted by チェストツリー at 2015年06月01日 05:43
こはるちゃんも自我のめばえが( *´艸`)
チェストツリーさんに1票です。

フリーをさけたいなら、パパさん、ママさんがいるときからケージにいる時間を増やす方が良いかも。
あんこは基本的にケージに閉じ込めです。
今でも飼い主の気が向いたときしか出しません。

あとは、お仕置きでケージを使わないことかな〜?

フリーでOKなら、トイレと誤飲(笑)に気を付けてくださいね♪
でも多分ソファーとかで寝てるので心配ないと思いますよ。
Posted by ユカ at 2015年06月01日 08:54
わかります、その葛藤…
ウチのは散歩中の悩みですが、厳しく躾けようとすると周りの視線が気になって…抵抗するギャン鳴きの声にご近所さんに何事か!と窓を開けて睨まれたり…(−_−;)
躾って根気ですよね。
災害などの非常時や、急な留守番に備えてケージで寝る訓練は必要ですしね。
お互いがんばりましょうp(^_^)q
Posted by イッコーの嫁 at 2015年06月01日 14:18
チェストツリーさん

こんばんは。
見抜かれてますよねーー。人間との境界をしっかり持って順序をわかってもらうためにハウスで寝るか、こはるの希望通りフリーにするか。。。あ〜もちろん、ハウスが良いのでしょうがね。。。あのすさまじい鳴き声が1週間も続くと弱気になってしまいます。。
寝室に入れず、リビングでフリー。これになりそうな気がしてきました。。。
Posted by こはるのママ at 2015年06月01日 20:23
ユカさん

そうです。自我が出てきて。。。。
最近、思うようにいかないと声を出して興奮したりして、わがままになってきたように思います。
あんこちゃんのように基本ケージにするパターンと基本フリーにするパターン、両方の意見を聞きます。どちらもありかな〜って。ハウスパターンは飼い主に従順になるためには必須の気がします。一方レッスンの先生は、せっかく出会えた愛犬、本人たちが楽しいと思うようにすればいい。そうしながらも躾はしっかりできるそうで。。。いや〜ハードル高いなぁ
お仕置きでハウスを使わない!大賛成です。これから気をつけます☆
Posted by こはるのママ at 2015年06月01日 20:41
イッコーの嫁さん

ぽんちゃんにも悩みがあるのですね。抵抗してギャン鳴きしちゃうんですね。ぽんちゃんもやっぱり柴犬だな〜♪睨まれるって、、、怖い(><)。みんなそれぞれ葛藤し、乗り越えて行くのでしょうね〜根気負けしないようにお互い、頑張りましょう!
でも、ケージで寝れるようにはしておかなくてはいけませんよね。これはレッスンでもよく言われることです。入院や災害時に備えてですね。
Posted by こはるのママ at 2015年06月01日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック