2015年02月20日

思い出の品

こはるが我が家にやってきて216日目。

以前、少しだけオーストラリアに住んでいました。その時に主人と出会ったのですが。

住んでいたアパートの近くで撮った写真です。
photo 1-336.JPG
あの頃は楽しかったなぁ。今も楽しいけど。

オーストラリアといえばカンガルーですね

こちらはその頃、購入したアイテムです
photo 4-191.JPG
オーストラリアのお土産屋さんで買ったもの。

カンガルーの手で作った孫の手!!

これで今日、パパが背中をボリボリしていたら!!!

こはるが興奮しました
photo 3-263.JPG
とっても激しくて、カンガルーの手、使い終わった後もずっとカンガルーの手が置いてある方を凝視している。

新しい友達を見つけたかのような表情で。

この時に、歯が汚い事に気づき、歯磨きされていました。。。
photo 2-325.JPG
カンガルーの手を買った頃、将来、結婚して飼った犬を楽しませるとは思ってもおらず。。。時間の流れを感じました。

思い出の品といえばもう一つ。

オーストラリアにはペリカンがたくさん飛んでいて、川のほとりでたまに集団がお食事タイムをしています。
photo 2-326.JPG
ペリカンの写真もたくさんあるのですが、もう一つのパソコンを開けるのが面倒いのでこれで。↑アパートの近くですが、このような場所にペリカンが時々来ています。

壁画にもペリカンがいました。
photo 3-264.JPG
そのペリカン達を見に行った際に拾ったものがこれ。
photo 5-122.JPG
ペリカンの羽です!

鳥の羽ってすごいです。羽が葉っぱだとすると、茎の部分が空洞で空芯菜みたい!

これを主人は台湾に持ち帰り、羽をじっと眺めていた時に、「行こうと思えばどこにでも飛んでいける。日本にだって行けるんだ!」って思って日本に来てくれる事を決意したそうです。

私たち夫婦にとって、大切な羽です。

これはこはるに遊ばせるわけにはいきません。

カンガルーの興奮から冷め、落ち着いたのでこのままで。。。
photo 1-335.JPG

生後317日目 5900g

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by こはるのママ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます
カンガルーの孫の手とはビックリデス(@_@;)
本物デスかぁ〜?
こはるちゃん興奮するのですから本物、、!?
オーストラリアデスかぁ〜仕事で?留学?
私は旅行でしか言った事ありません(^^ゞ
幸せを運ぶペリカンの羽、こはるママさん達の大事な宝物デスね。
日本に来たパパさんも頑張りましたね(^^)v
歯磨き、私も見てみよう(*^_^*)
Posted by チェストツリー at 2015年02月21日 05:43
素敵なお話です♪
カンガルーの孫の手にはリロさんと笑ってしまいましたけど…( *´艸`)
ペリカンってとても大きいんですよね〜?あんなに大きい鳥が飛んでいるなんて、世界って広いなぁ

私はずうっと鹿児島なので、広い視野を持っているママさんやパパさんが素敵だなって思います♪
これからもこはる一家の楽しいお話を聞かせてくださいね(*´∀`)
Posted by ユカ at 2015年02月21日 08:05
チェストツリーさん

こんばんは。
カンガルーの手、本物です!
こはるには、ケモノの臭いがするのかもしれません。爪が鋭くて、背中が痒い時、とても気持ち良いのです。
オーストラリアはワーキングホリデーで行って、2年住んでいました。いつかまた住んでもいいな〜と思える場所です。
パパの人生の大きな決断を助けてくれたペリカンの羽。大切にしないといけません。不思議と、何年経っても変わらずキレイなままなので、このまま一生の宝物になれるかも〜
歯、一週間以上見なかったら汚かったです!
Posted by こはるのママ at 2015年02月21日 23:58
ユカさん

こんばんは。
そうなんです、ペリカンって大きいですよね!こはるよりも、そしてきっとあんこちゃんよりも。
そんなペリカンがV字になって群れで飛んでいる姿を見れる、オーストラリアの青い空はとても素敵でした☆
ところで、こはるのトイレについてですが、外でしかほとんどしなくなっちゃいました。
でも、屋内で我慢ができなくなった時の最終手段みたいな勢いで、稀にサークル内のトイレでします。そしてウンチは絶対、屋内でやりません。「柴犬はきれい好き」を実感しています。
Posted by こはるのママ at 2015年02月22日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック