2014年12月11日

こはるのからだのこと

こはるが我が家にやってきて145日目。

元気いっぱいのこはるですが、心配なことがいくつかあります。
photo 2-257.JPG
まずは鼠径ヘルニア。

両側に穴があるようで、それが広がってくると、穴を閉じる手術が必要になります。

興奮したりした際に腸管がこのヘルニアに入り込んでしまうと腸が鬱滞してしまって腸管が壊死してしまうかもしれません

ということでしたが、11月、12月と診てもらった所、これは大丈夫そうです。

広がることなく、だんだん良くなってきているよう。

そしてもう一つ、膝蓋骨亜脱臼。

左後ろ足の膝のお皿が、外れやすい状態だそうです。。。

外れちゃうと、膝から下がありえない方向に向いちゃったりして、膝がちゃんと前を向かなくなり、最悪180度回転してしまうそう

10月の時点で、普段はちゃんとしているけど、人間の手で動かすと外れてしまうそうでした。

11月、悪化なし。

12月、手で外そうとしてもはずれなくなりました

悪化を予防するためにやったこと。

フローリングの上にカーペットを敷きました。
photo-127.JPG
こはるが遊んだり練習するスペースです。他に、こはるが走り回る、ソファーの周りもカーペットで囲みました。

このおかげで、滑りやすかった床が歩きやすくなったかな?

良くなってきているので、少なくとも膝への負担は以前よりは少ないようです。

今後、成長の過程で筋肉がしっかりしてきてお皿を固定できるようになることもあり、こはるもそうなってほしいな
photo 1-268.JPG

生後246日目 5500g


人気ブログランキングへ
posted by こはるのママ at 21:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます(^v^)
心配事の件、どれも成長と共によくなっているようで安心しました。

獣医さんには指摘された事はありませんが、マヤも大人になって筋肉が出来れば大丈夫だろうが、、今は、ちょっと心配とブリーダーさんに言われました。

兎に角、敷物を敷いてあげてよかったと思います(^v^)
お互いに健やかな成長を願いますよね(^^)v
Posted by チェストツリー at 2014年12月12日 06:03
おはようございます♪
鼠径ヘルニア、脱臼、何事もなく成長していて少し安心ですね。
肉球の間の毛を切って滑りにくくしたり、ソファの飛び降りに注意してあげてください。
パピー期を過ぎるとだいぶ安心かと思います♪
あんこも家の階段は登らせられますが、おりるのはいまだに抱っこです。
滑り止めシートを引けばいいのですが…。
よく私の父(ジジ)から「甘やかすんな」と言われますが怪我防止の為だと言っても聞いてくれません(>_<)
Posted by ユカ at 2014年12月12日 07:56
チェストツリーさん

犬種によってなりやすい病気、あるみたいですものね。できれば自力で。筋肉が成長して治ると良いです。マヤちゃんもちょっと心配なのですね。興奮して滑ったり転んだりしないよう、気をつけないといけませんね。マヤちゃんもこはるも、病気知らずな成犬に育ってほしいです。

敷物は獣医さんからのアドバイスです。こはるが滑りにくいのに加え、冬は人間も床が温かくて助かってます。
Posted by こはるのママ at 2014年12月12日 20:40
ユカさん

悪化なく過ごせていて安心でした。成長とともに自然に治ってくれると良いのですが。
肉球の間の毛、滑るらしいですよね。爪切りの際、一緒にやろうと思います。
こはる、ソファーに飛び乗り、飛び降りるんですよね〜目を見張らないといけません!
あんこちゃん、階段は気をつけているのですね。降りるの、だんだん加速していく感じで、見ていて怖いです。幸い、我が家には階段がないので良いですが、実家に行ったら気をつけます!
Posted by こはるのママ at 2014年12月12日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック