2014年09月10日

2回目のお散歩は、たくさんはしゃいで疲れました。

ママと二人でお散歩しました☆
photo 4-62.jpg
外に出るのが好きになったみたいで、玄関を出るときから大はしゃぎ!

外では相変わらず、こちらを見上げたり前を見たり。

まっすぐ歩かずに蛇行歩行。

他のワンちゃんと出会うと、気になって仕方ない
photo 1-113.jpg
部活中の学生がジョギングしているグループとか、お爺ちゃんとお散歩している子供とか、ゆっくり歩いている老夫婦とか。。。

いろんな人がいて、キョロキョロ
photo 2-105.jpg
ここが気に入ったみたい。座り込んでなかなか動きませんでした。
photo 3-83.jpg
リードをつけずに、ちゃんと飼い主さんの周りを歩いている、お利口さんのパピヨン君に出会いました。

羨ましい☆とっても良くしつけされていて、もちろん逃亡しないし、他の犬に飛びついたりしない。

一方、こはるはパピヨン君の飼い主さんに飛びつき放題。

カワイイ!と言ってくれましたが、しつけがまだまだなのがバレバレでした。。。

帰ってきて水を一気飲みした後、床にバタン。
photo 5-35.JPG
久しぶりに子供っぽい顔が見れました
photo-65.JPG

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by こはるのママ at 21:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウスの改造をしました。慣れてきたみたい。

こはるが我が家にやってきて53日目。

前回のしつけ方レッスンの時に、ハウスについて勉強しました。

今まで、うちではサークルに屋根をつけ、布で覆って暗くしていました。中にはトイレと寝床が一緒。

でも、これだとこはるはあまり嬉しくないみたい。

こはるに限らず、犬は寝る場所とトイレは、なるべく離したいのだそう。きれい好きなんですね。

こはるはいつも、トイレをベッドにしているくらいなので、気にしないかなと思っていたのですが、トイレで寝るのもかわいそうだし。。。。

ということで、習った通りにしてみました。
photo 1-110.jpg
移動用に買ったケージをハウスに変更。サークルの入り口とケージの入り口をくっつけました。ハウスとなったケージの方を布で包みました。

サークルの中を一面トイレシーツにしたかったのですが、もともとトイレがたくさんあったので、トイレを二つ並べました。
photo 3-82.JPG
これは夜間やお留守番の時の形で、私や主人が在宅の時は、ハウスを離して自由に出入りできるようにしました。

ハウス、好きになってくれるかなぁ。せっかく大改造しても、トイレの上で寝ちゃったりするのかなぁ、と、この大改造が成功するかは半信半疑。

レッスンの時に、ハウスを好きになる練習をしました。

「ハウス」と言っておやつでハウスの中にこはるを誘導する。

ハウスに入ったら、おやつを更に浴びるほど食べさせる。

コングの中に数種類ある中でも一番こはるの好きなおやつを詰めまくる。この、最上級のコングをハウスに入れて、ハウスの中で遊ばせる。

遊ぶことに慣れたら、ハウスのドアを閉めてみる。

閉めても動じなければ更におやつを投げ入れる。

もし、ドアを閉じて怖がるなど反応したら、すぐにドアを開ける。

これをしつこくやった結果、一日でハウスを覚えたみたい!

「ハウス」と言うと、すぐに入りました。
photo 2-103.jpg
入ったら必ずおやつをあげるようにしています。

翌日、パパにベッドを買ってもらいました。
photo-63.jpg
最初、噛んで遊んでいましたが、この上で寝たりもします。

でも、今、このベッドで爪を研いでいます。このベッドを何だと思っているのでしょうか。。。?多目的おもちゃ?

私たちが在宅の時の全体図はこの通り。ハウスを離してドアを開けてあります。
photo-64.jpg
このドア、邪魔だなぁ、でもはずしたら閉められないしなぁ。それより何より、けっこうこはるスペース広すぎだなぁ、とか、いろいろ悩み中。

そしてもう一つ。誘導すれば入るけど、普段は目の前にハウスあるのに入らない!!!

まだベッドが暑いのか??

最近のお気に入りはソファーの上です。
photo 1-111.JPG
ソファーの上で犬のテレビを見る。それがこはるの趣味。
photo 2-104.JPG
犬らしくない趣味です。

生後154日目 3800g
体重一気に増えすぎ!?ハウスの練習でおやつをあげすぎたから??

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by こはるのママ at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする